中絶手術の種類

手術の方法について

初期中絶は「吸引法」「掻破法」のいずれかの方法で行われます

妊娠12週未満(妊娠11週6日)までに行われる初期中絶は、「吸引法」または「「掻破法」のいずれかの方法で行われます。
吸引法とは、子宮内に吸引器具を挿入して胎嚢を吸引する方法で、短時間かつ少ない痛み・出血で手術を行うことが可能です。WHO(世界保健機関 )もその安全性を認めており、大阪府堺市の徳川レディースクリニックでは、患者様に安心・安全な中絶手術を行うためにこの方法を採用しております。
掻破法とは、子宮内に鉗子などの器具を挿入して胎嚢を掻き出す方法です。吸引法と比べて出血量が多く、手術時間も長く、子宮内膜を傷つける恐れがあります。また、子宮筋腫により子宮が変形している場合には、手術に時間がかかるようになります。

当クリニックでは吸引法のみを行っております

当クリニックでは吸引法のみを行っております当クリニックでは安心・安全に中絶手術を行うために、「吸引法」のみを行っております。吸引法とは、従来の掻破法よりも短時間・少ない痛みや出血で中絶できる新しい方法です。WHO(世界保健機関 )もその安全性を認めて推奨しています。
吸引法では、子宮内に「吸引キュレット」と呼ばれる吸引器具を挿入して、胎児や附属物、子宮内膜などを吸引します。子宮穿孔(子宮に穴が開く)などのトラブルが起こりにくく、安全な中絶が可能となります。

掻破法とは

掻破法とは、従来行われていた手術方法で、胎盤鉗子などの器具を使って胎児や附属物、子宮内膜などを掻き出します。吸引法と比べて出血量が多く、手術時間も長く、子宮内膜を傷つける恐れがあります。また、子宮筋腫により子宮が変形している場合には、手術に時間がかかるようになります。

吸引法と掻破法の違い

  吸引法 掻破法
手術方法 子宮内に「吸引キュレット」と呼ばれる吸引器具を挿入して、胎児や附属物、子宮内膜などを吸引する 胎盤鉗子などの器具を使って胎児や附属物、子宮内膜などを掻き出す
痛み 少ない 吸引法よりも痛む場合がある
出血 少ない 吸引法よりも多い場合がある
手術時間 短い 吸引法よりも長い場合がある
メリット ・お体への負担が少なく、安全性が高い 確実に内容物を摘出しやすい
デメリット 内容物が遺残する可能性がある(当クリニックではそうしたことがないように、きちんと確認しますのでご安心ください) ・吸引法よりもお体への負担が大きい
・子宮穿孔などのトラブルを起こす恐れがある
TEL:072-266-3636